プロのデザイナー、いい仕事の流れ。いいデザインの手順。めざすは、感情のゴール。

プロのデザイナー、いい仕事の流れ。いいデザインの手順。めざすは、感情のゴール。

この記事を書いた人:
グラフィックデザイナー
アトオシとデザイン

  • グッドデザイン賞受賞
  • アマゾン1位
  • アドビの先生
  • 吉本興業チャンネル出演
  • YouTube登録者1.9万人ごえ
  • プロ歴19年
アトオシとデザイン、プロフィールと実績
▲ アトオシとデザイン、プロフィールと実績
目次

この記事で、習得できること

この記事を読むと、「プロのデザイナー、いい仕事の流れ」「いいデザインの手順」を習得できます。



この動画を見ると、より深く、「プロのデザイン仕事の流れ・手順」を習得できます◎


いいデザインとは



いいデザインは、意図した「認知・印象・独自性」バランスでできます。

あなたがつくるロゴデザインやチラシデザインなど、どのような「認知・印象・独自性」の“パワーバランス”が最適か考え、それを形にしていくことが重要です。

その結果、新規来客や売上アップなど、「目的達成できるデザイン」が「いいデザイン」と言えます。

(*“いいデザインの作り方・考え方”を詳しく知りたい人は、コチラの記事をお読みください)




いいデザインをつくる、プロのすべての手順



それでは、「いいデザイン」をつくるには、どのような「手順」が必要でしょうか。

具体的に、私、アトオシが、“プロのデザイナー”として、「グラフィックデザイン仕事で、実際に行っている手順」を紹介します。

  • 01. ヒアリング
  • 02. リサーチ
  • 03. コンセプト立案
  • 04. ラフ描き
  • 05. デザイン実施制作
  • 06. 検証・調整
  • 07. プレゼン提案
  • 08. 再検証・調整
  • 09. デザイン確定
  • 10. 入稿・納品

(*“グラフィックデザイナーの仕事・必要な力”を詳しく知りたい人は、コチラの記事をお読みください)


なぜ、“丁寧なデザイン手順”が必要か

“簡単なデザイン手順”の問題点

よくある質問として、「もっと“簡単な手順”でつくれないか?」があります。例えば、

  • 01. 発注
  • 02. 制作・提案
  • 03. 確定・納品

…という手順です。もちろん、そういった流れもあります。

ただ、これは、クライアントさんの要望を表面的な形に起こした”デザインの手順です。

この手順、“何が問題か”というと、

  • 例:「要望Aをやってください」 → 「要望A、やりました!」 → 「OK!」

…というように、“要望A”を“つくること”が目的になっています。

“相場的に安価なデザインサービス制作”などは、この“簡単な手順”が多いかもしれません。

しかし、「いいデザイン」とは、“つくること”が目的ではありません。


“感情のゴール”につなげる、いいデザイン



「いいデザイン」とは、完成形デザインを見た人に、「行きたい・また来たい・誰かに教えたい」など、“感情のゴール”につなげることです。

そして、“感情のゴール”につなげるためには、上記「01.〜10.」のような、“丁寧な検証・制作の手順”が必要なのです。




いいデザインの手順、悩まないコツ

よくある、デザイン手順の悩み

よくある、デザイン手順の“悩み”。例えば、“カフェのロゴデザイン”制作の場合…

「“感情のゴール”につなげるには、お店に来る“お客さんが求めるイメージ”を知る必要があるよね。」(02. リサーチ)↓

「そして、競合とは異なる土俵づくり、“お店のオリジナリティの軸”を立てなければならないよね。」(03. コンセプト立案)↓

「ん? “お店のオリジナリティ”って、デザイナー自身が勝手に考えていいのかな? いや、まずクライアントさんに、“お店にかける想いやビジョン”を聞かなければならないよね。」(01. ヒアリング)…

…そこから、整理して、つくって、検証して……あぁ! やることが多すぎて、混乱する!!


具体的にやるべきこと、見えるコツ

落ち着いてください。大丈夫です。

  • デザインを見た方に、「こう感じてほしい!」
  • デザインを取り入れて、「こういうシーンを築きたい!」

…このように、まず、デザイン着手時に「感情のゴール」を明確にしましょう

すると、その先、1つ1つのステップにて、「調べること・準備すること・やるべきこと」が自然と見えてきます。

手順「01. ヒアリング」は、コチラの記事をお読みください。手順「02.〜10.」の各詳細は、後日、このブログで公開予定です。


クライアントとデザイナー、“双方の想い”が必要

つくり手から、“想いの重要性”を伝えよう



最後に、とても大事なことをお伝えします。

「いいデザイン」をつくるには、“デザイナーの力”のみならず、「クライアントさんの想いの強さ」が必要です。

「とりあえず、なんでもいいから、ちゃちゃっと、いい感じのつくって」というクライアントさんと、「いいデザイン」をつくることは難しいです。(少なくとも、その状態から変わらない、変われない、変わろうとしない場合)

だからこそ、事前に、つくり手から、「想い・ビジョンの必要性・重要性」を伝えましょう。

その上で、改めて、“ヒアリング”をする。

“ヒアリング”するタイミングは、デザイン仕事の“正式な受注前”。そこで判断。お互いに。いい緊張感を持って。

(*参考動画:「グラフィックデザインのヒアリング。打ち合わせ、聞くべきこと。」)


いっしょに目的達成、いいデザイン手順

「いいデザイン」につながる根っこ。根幹。

そこには、クライアントとデザイナー、「双方の熱く優しい想い」があります。

いっしょに、「感情のゴール = 目的達成」つなげる流れ。

これが、「いいデザインの手順」なのです。




デザインのコツがわかる、SNS・YouTube

この記事が気に入ったら、ぜひ、「本ブログのお気に入り登録・記事のシェア拡散」をお願いします。

そして、“デザインのコツ”がわかる、私のツイッターフォロー・インスタフォロー・YouTube登録」をしてくれると嬉しいです!

また、興味がある方は、より詳しい“デザイン力のつけ方”がわかる、著書の入門書勉強本をご購読いただけると幸いです。

いずれも、今後のブログ執筆記事公開を続けるための、とても“大きな励み”になります!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。


この動画を見ると、より深く、「プロのデザイン仕事の流れ・手順」を習得できます◎


プロのデザイナー、いい仕事の流れ。いいデザインの手順。めざすは、感情のゴール。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

“ブログ公開をつづける”ため、「この記事のシェア&拡散」の応援をお願いします◎
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アトオシとデザインのアバター アトオシとデザイン グラフィックデザイナー

グッドデザイン賞。アマゾン1位。アドビの先生。吉本興業チャンネル出演。YouTube登録者1.9万人ごえ。プロ歴19年。

「目的を形にする、ロゴデザインとブランディング」というコンセプトにて、グラフィックデザイン仕事をおこなう。

また、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える」コンテンツを日々発信している。著書「[新版] デザイナーになる! MdN」など。

目次